アーユルヴェーダで感染症予防

みなさま、こんにちは。
天気も不安定な中、神奈川ではまだ緊急事態宣言が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
新たな感染者の数は低い水準に抑えられているものの、北海道、東京、神奈川は解除を判断する際の目安を超えていて、引き続き感染状況の推移を注視することにしてる・・との事ですね。

このまま感染率を下げ、1日も早い復興を目指したいですね。
ちなみに、先日、コロナウイルスに罹ってしまったチャールズ皇太子が、アーユルヴェーダとホメオパシー療法で回復した、という嬉しいニュースありました!
参照Timesnownews

前置きが長くなりましたが、今日はアーユルヴェーダで感染症予防に役立つ情報をお伝えしたいと思います。※あくまで予防方法であり、治療とは異なります。症状が疑われた場合は各自治体の保険当局の指示に従ってください。
※また、3密を避ける手洗いうがいを徹底するなどの予防を行った上で、参照してください。

<アーユルヴェーダ 感染症予防方法>
(1)ナスヤ
(2)アーユルヴェーダうがい
(3)スチームバス
(4)白湯を飲む
(5)適度な運動
(6)早寝早起き
(7)栄養のある食品を食べる

ではひとつずつ紹介していきますね。
(1)ナスヤ・・・アヌタイラ(ギーでも可)を鼻の奥に入るように点鼻する。
アヌタイラの購入と点鼻方法はこちらから確認出来ます↓
http://saffronroad.net/ayur_eye/anutaila.html

(2)アーユルヴェーダうがい・・・お湯または太白ごま油をキュアリングしたものに塩(岩塩も良い)を加えたものを口に含み、口全体に行き渡るよう30秒ほどクチュクチュとうがいする。その後、上をむいて喉に行き渡るようにガラガラとうがいして吐き出す(ごま油の場合はティッシュを敷いたビニールに吐き出してください。)

(3)スチームバス・・特にコリアンダーのバスソルトでの入浴がお勧めです。
コリアンダー のバスソルト購入はこちら↓
https://www.marksandweb.com/store/g/gBCSA112/

(4)白湯を飲む
以前の記事で作り方や効能をまとめていますので、是非ご覧下さい。
https://ayus-tree.com/2019/12/06/02/

(5)適度な運動
アーユルヴェーダでは体力の半分程度で行うことを推奨しています。
目安は鼻呼吸から口呼吸に変わるタイミングぐらいですね。
家の中でもできるストレッチやヨガなど、最近はたくさん紹介されているので是非活用してみてください。

(6)早寝早起き
免疫力が上がり、精神力を高めます。特にヴァータのエネルギーが高まる時間PM6時前に起きることが推奨されています。

(7)栄養のある食品を食べる
バランスよく、旬の食材をなるべく取り入れてください。
温かく新鮮な食べ物を、よいパートナーと一緒に適切な時間帯に食べる事が最も良いです。

長くなったので、2つに分けたいと思います。
後編では抗ウイルスに効果のあるハーブや食品を紹介してきますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP