3つの体質別ダイエット方法ご紹介!アーユルヴェーダで健康美人

みなさま、こんにちは。
新型コロナウイルスの影響で、自粛期間中に運動不足や料理に目覚め
気づけば体重が増加・・・。
ダイエットを決意された方も多いのは無いでしょうか。

しかしいざダイエットをしようにも、たくさん方法がありすぎて
どれが自分に合う方法か分からなくなったことありませんか?

今日はそんな人にお勧めの、体質別に合ったダイエットの方法を
ご紹介したいと思います。

まずはダイエットするにあたってアーユルヴェーダでは最も重要な『消化』に
ついて少しご説明します。

アーユルヴェーダでは『消化』には4つの状態があると言われています。

サマアグニバランスの取れた消化力。
全てのドーシャが整った状態。
ヴィシュマアグニ不規則な消化力。ヴァータが増えた時に生じ易い。
ティクシュマアグニ強すぎる消化力。ピッタが増えた時に生じ易い。
マンダアグニ消化に時間がかかる。カパが増えた時に生じ易い。
消化の4つの状態

アーユルヴェーダではこのサマアグニの状態を推奨しています。
消化力のバランスが取れていれば、不必要に食べすぎる事も、
消化が追い付かずに未消化物となって脂肪を溜め込むことも無いからです。

各ドーシャのバランスが取れれば、消化力は安定し、
自分に合ったプロポーションを維持する事ができます。
それでは各ドーシャの太り易い要因とバランスを取る方法をご紹介します。

ヴァータ体質の太りやすい要因

ヴァータ体質は基本的にスレンダーな人が多く、食べても太りませんが
何をしても太らないわけではありません。

それはヴァータ体質の特徴でもある『風』のエネルギーが関係しています。

『風』は『動く』性質を持っており、このエネルギーが安定していれば
スレンダーな体型をキープできますが、食事の時間が不規則であったり、
生活スタイルが安定していないとヴァータのエネルギーを乱してしまい、
体重の増減をしやすくなります。

食生活が安定しないと、消化力も不安定となってしまうため便秘や冷え性、
緊張性の肩こり、また腹部膨満感などを引き起こします。

ヴァータ体質のバランス方法

ヴァータのバランスを取る方法は『安定性』です。食事時間を規則正しくとること、ゆったりとした気分で時間をかけて味わいましょう

バランスを取る方法・温める・炒めるを意識した調理方法の食べ物を摂る
・毎日決まった時間に白湯を飲む
・便秘の場合はホットミルクにギーを入れて飲むと良い
控える食べ物・生の食べ物(生野菜・生魚など)
・冷たい食べ物・冷凍食品・ドライフルーツ・スナック
・辛味のある食べ物(キムチや香辛料など)
・苦味の強い食べ物(ゴーヤなどの緑黄野菜)
向いている運動・軽めのウオーキング、ヨガ
※ヴァータは体力があまり無いので激しい運動は控える

ピッタ体質の太りやすい要因

ピッタ体質は消化力と代謝が強いため、たくさん食べても太りにくく均等の取れた体型の人が多いです。しかし強い消化力が増えすぎると、いくら食べても満たされずに過食が原因で太ってしまいます。

それはピッタ体質の特徴でもある『火』のエネルギーが関係しています。

『火』は消化の火なので、消化を早める食べ物を摂取すると、火が強くなりすぎてしまい、胃の中のものを全て燃やし(消化し)尽くしてしまいます。

ピッタは正義感や情熱の火を燃やしますがストレスや理不尽な事が重なると、満たされない心を食べ物やアルコールで埋めようとしてしまうのです。

ピッタ体質のバランス方法

ピッタ体質の人は、体の熱を冷ますココナッツがお勧めです。
苦手な人は牛乳でも良いでしょう。料理やデザートに取り入れてみてください。
また、朝飲むのは白湯ではなく、常温の水が適しています。

バランスを取る方法・食事量は控えめに、ゆっくり食べる。
・熱を上げるスパイスを避け『冷性』の食材を取る。
・果物 / 野菜 がおすすめ
控える食べ物・酸味・辛味・塩辛さが強い食べ物
・アルコール
・肉全般・揚げ物・醤油・味噌・塩・ごま油
・卵全般、ナッツ類
向いている運動・水中ウオーキングやヨガ
※競争はピッタを上げるので避ける。

カパ体質の太りやすい要因

カパ体質はたくさん食べそうとみられがちですが、食事の量が少なくても体力がキープできます。甘いものや美食が大好きで、あまり動かない為、消費と摂取のバランスが合わずに太ってしまいます。

それはカパ体質の特徴でもある『水』のエネルギーが関係しています。

『水』は多く溜め込むと、消化の火が弱くなってしまい、未消化物ができてしまいます。この未消化物を消化し切れずに、溜め込み、肥満や糖尿病を引き起こします。

また精神的にもストレスや不満を溜め込み易く、甘いものに走り易いので、
適度なストレス発散や断捨離をしてあまり溜め込まないことを心がけましょう。

カパ体質のバランス方法

カパのバランスを取る方法は量と油分を控え、軽い食事を心がけます。
消化力を上げるスパイスは積極的に取りましょう。

バランスを取る方法・量と油分を控え、軽い食事を心がける
・消化力を上げるスパイスを摂る。
・白湯や温かいお茶を飲む。
控える食べ物・甘み、塩辛さが強い食べ物
・脂っこい食べ物、肉全般
・ナッツ、揚げ物、冷たいもの、果物・冷凍食品
・醤油・味噌・砂糖類・卵全般
・ココナッツオイル
・バナナ
向いている運動・ジョギングやエアロビなど
※カパは持久力があるので運動量は多めが良い。

アーユルヴェーダでは、自分の体質に合ったライフスタイルを推奨しています。

自分の体質が知りたい方はこちらから。

関連記事

  1. デトックス
  2. 梅雨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP